スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お詫びとお知らせ

2010年09月18日
日頃から皆さまには

【ダビのへなちょこサイン解読】

ご愛顧、ご愛読いただきまして

誠にありがとうございます。





さて、このたび

諸般の事情により、

9月21日以降は不定期更新


とすることにしました。





これから、有馬記念までの

G1シーズンを迎えるにあたり、

記事を読んでくださっている方々には

大変申し訳なく思いますが、

何卒ご了承ください。





…とは言っても、

ブログをやめるわけではありません。





お役に立たないブログですが、

これまで同様に変わらぬご愛顧を

どうぞよろしくお願いします(^O^)





2010.9.18.
ダビことderby1991
スポンサーサイト
使用上のご注意 | Comments(2)

マナーは大切です

2009年11月28日
言うまでもありませんが、
このブログは競馬サイン読みブログです。

色んなサイン読みがあるので
たまには読みが重なることがあるとは思います。

特に簡単な読みはその傾向が
強くなるのは仕方ないとも思います。



…が、人のブログから引用して
ご自身のブログ記事にするのは
明らかにマナー違反です。

僕も色んな方々のブログを拝見していますが、
サイン読みの参考にしているほか、
同じ解釈だった他の方の記事を
書かないようにするために訪問しています。



ようするにパクリと思われないようにするためです。
自分のブログと同じような記事を見つけたら
やっぱりいい気分はしませんよね。
それは僕も同じです。

あえて違う読みを記載するくらいの
配慮は必要だと思います。



申し訳ありませんが、
当ブログに記載した内容の転載は禁止します。
っていうかマナーとかモラルの問題ですよね。



今後ともよろしくお願いします。



ブログランキング参加中です。
応援クリックで、にほんブログ村にアクセスします。

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
使用上のご注意 | Comments(0) | Trackback(0)

レーダイ解読【使用上のご注意】

2008年08月21日
ダビのへなちょこレーダイ解読 へようこそ!

__________________________________________________________________________



 このブログをご覧になる前に読んでくれるとうれしいです。



 毎週行われる重賞レースにはキャッチコピーがあります。

 それがレーシングダイアリー です。

 このレーシングダイアリーはレースの主催者が定期的に発表していて、

 HPや新聞広告に掲載されています。

 ところで…

 なぜ重賞レースにキャッチコピーが必要なのか?

 なぜわざわざ不自然な文章で作成する必要があるのか?
 
 それは…



 この文章はきっと暗号文で、

 ファンにこっそり馬券に絡む馬を教えているんだ!




 …という僕の勝手な解釈によってこのブログは成立しています(爆)

 人によって捉え方はいろいろあると思いますので、ご参考まで。



まず、レーシングダイアリーの文章の基本となる5W1Hに相当する、

 When (いつ)
 Where(どこで)
 Who  (だれが)
 What (なにを)
 Why  (なぜ)
 How  (どのようして)


について分析してみました。



1.When(いつ)=時間
  時間を表す単語は、「明日」「未来」「歴史」「春」「夏」「秋」「冬」などがあります。
  時間が必要になる理由としては、過去の当該レース結果や当日行われる他の
  レースにヒントがあるからだと思います。
  一番分かりやすいのは「歴史=過去のレース」です。
  これは、過去の当該レース結果にヒントがあるはずです。
  「明日」や「未来」が使われる場合、土曜日と日曜日のレースに何か共通点が
  ないか、当該レースに関係する騎手や厩舎または馬名を連想させるような馬が
  怪しげな配置で並んでいないかに注目してみましょう。

2.Where(どこで)=場所
  場所を意味する単語はあまり出てきません。
  注目は、季節ごとに使われる「春」「夏」「秋」「冬」の四季をあらわす単語です。
  四季を表す単語は、本来なら「春のGI」や「夏競馬」などに使われるべきですが、
  毎週のように使われています。
  1(When)では「時間を表す単語」としましたが、四季をあらわす単語に「時間」の
  意味を持たせるには無理がありますので、これらが“ある決まったもの”を指すと
  すれば、それは「場所=枠」を指すものではないでしょうか。

3.Who(誰が)=馬、人
  馬や人を意味する単語には「君」「英雄」「覇者」「勇者」などがあります。
  これらは、騎手、調教師、馬主、馬のことを指していると考えます。
  「君」は、競走馬自身のこと。
  「英雄」は、牡馬か男性騎手のこと。
  「覇者」は、何かのレースの優勝馬のこと。
  「勇者」は、ダービー馬、ダービー勝利騎手、調教師を指していると思います。

4.What(なにを)、Why(なぜ)=理由
  理由をあらわす単語は出てきません。
  決まっているシナリオに理由は要らないからです。
  これがレーダイのひとつのポイントになっていると思います。
  
5.How(いかに、どうした)=状態
  状態を意味する単語は「なる」「いる」「ある」が良く使われます。
  これらはいずれも“ある状態”をあらわす単語ですから、出走表に何かのサインが
  存在することを示しているものと考えます。

6.その他、不自然な名詞
  本来はものの様子や程度を表す形容詞や副詞のような単語を、レーダイでは
  “名詞”として使う傾向があるようです。
  「強さ」「速さ」「美しさ」「若さ」などがそうで、非常に多く使われています。
  おそらくこれらの単語を名詞として使うからには、必要性、重要性が高い単語
  だからこそ、頻繁に使用しているのでしょう。



こんな感じでレーダイを解読して、

馬券に絡む馬を見つけ出すことを

楽しみとして競馬予想をしています♪



まぁ、あまり難しく考えず、

サクサクッと読んでくださいね~



ついでに拍手、コメントしてくれるとブログ更新の励みになります♪

_
使用上のご注意 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。