スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

有馬記念回顧

2009年12月27日
まずは、有馬記念おつかれさまでした。



的中した方、おめでとうございます。

ハズした方、来年また頑張りましょう。

とはいえ競馬は休むヒマがありません。

すぐそこには金杯の影が(笑)



さて、サインを振り返って反省するのも

大切なことなので有馬記念の回顧を。

【郵便物】
 オークス4枠7番ブエナ
 枠ではなくブエナそのものでした。

【マイケルキネーン】
 唯一の騎乗馬、ロックドゥカンプの
 4枠8番は使われませんでした。

【Mail News】
 サクラローレルの主戦騎手だった
 横山典騎手が2着でした。
 G-filesもサクラローレルでした。

【ポスター】
 『終わりよければすべてよし』
 1枠1番(オリビエ・ペリエ)
 5枠9番(ダイタクバートラム)
 枠番がそのまま使用されました。

【過去同日開催】
 1枠が馬券対象でした。
 有馬は1枠抜きでは考えられませんでしたね。

【類似レーダイ1】
 ドリジャニそのままでした。

【類似レーダイ2】
 1枠1番が馬券対象
 1枠が馬券対象でした。

【最終結論】
 サドラーズウェルズ
 アンライバルド(母父)
 ミヤビランベリ(父父)
 この2頭に挟まれたブエナが2着でした。



サイン的にはほぼ完璧に近く、

個人的には納得です。

1→4、5枠で決まるとみていただけに

配当的に欲張ってしまったのが失敗でした(笑)



この結果は、サインの多くは【枠を教えるもの】

ということを改めて思い知らせてくれました。

来年のテーマは

【欲張らず、無理せず枠連(笑)】



また来年も頑張りますので、

立ち寄っていただけるとうれしいです。



では、また来年!
みなさん、よいお年をお迎えください。



↓応援クリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(2) | Trackback(0)

最終結論【有馬記念】

2009年12月27日
有馬記念ポスター
 有馬よければ、すべてよし。



ここから、

イギリスの劇作家である

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲

終わりよければ全てよし(All's Well That Ends Well)

を紹介しました。



シェイクスピア作品について、

もうひとつ触れておきましょう。




ハムレット(Hamlet)




シェイクスピアの作品の中でも、

最大規模を誇る戯曲。

この作品を

シェイクスピア演劇の本場であるロンドンで、

「俳優なら一度は演じてみたい。」という

主役のハムレットを演じた日本人がいます。



狂言界のプリンス 野村萬斎氏です。



この野村萬斎氏が、

有馬記念の当日ゲストである

野村克也氏に

繋がるのではないかと考えます。




そして、



ハムレット・ロンドン公演の

舞台となった劇場の名前は

サドラーズウェルズ劇場(Sadler's Wells Theatre)



また、この劇場の名を由来とする

世界的な名馬がいます。



サドラーズウェルズ (Sadler's Wells)



サドラーズウェルズは、

イギリス・アイルランドの

リーディングサイアーを

通算14回も獲得するという

不滅の大記録を持っています。



サドラーズウェルズの馬名も、

有馬記念ポスターの

キャッチコピーの基になっている

終わりよければ全てよし(All's Well That Ends Well

にも一致しているようです。



今日の有馬記念。

サドラーズウェルズを

母の父に持つ馬が出走します。



この馬に夢を託すことにします。



【今週のオススメ馬】
 アンライバルド



今年最後の夢が走ります。
最高の笑顔で締めくくりたいですね。
↓↓↓ 応援クリックしてくださるとうれしいです♪
にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
GI  解読 | Comments(0) | Trackback(0)

今週のおさらい【有馬記念】

2009年12月26日
【Mail News】
 掉尾(死を悼む)
  マイケル・ジャクソン
  横山富雄元騎手(横山典弘騎手の父)
  境勝太郎元調教師(サクラローレルなど)

【ポスター】
 シェイクスピア 『終わりよければすべてよし』
  1枠1番(オリヴィエ・ペリエ)
  5枠9番(ダイタクバートラム)

【過去同日開催】
 1992年は有馬記念特設サイト浅田氏の記事
  1枠が馬券対象
  1人気は馬券対象外
  勝ち馬はこの勝利がGI2勝目

【類似レーダイ1】
 2007年朝日杯FSの結果から
  ドリームジャーニー
  正逆10番

【類似レーダイ2】
 2006年は有馬記念特別サイト村山氏の記事
  1枠1番が馬券対象



ずいぶん偏っていますが、

今週の記事をまとめるとこんな感じです。



では、またのちほどお会いしましょう。



みなさんの応援が励みになっています。
↓応援クリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
GI  解読 | Comments(0) | Trackback(0)

土曜日重賞予想

2009年12月26日
ラジオNIKKEI
◎ ヴィクトワール
△ 4、5、10

中山大障害
◎ キング
〇 エイタイム
△ 1、4、9



手抜きでスイマセン。
サインは省略です。





みなさんの応援が励みになっています。
↓応援クリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
GIII 解読 | Comments(0) | Trackback(0)

最後の夢

2009年12月25日
今週のレーシングダイアリー
 素敵な夢を自由に描く物語、最高の笑顔で最後を飾りたい。



今日は、今回の語句を複数使用している

有馬記念に限った過去レーダイについて

面白いものを見つけましたのでご紹介しておきます。



2001年(第46回)
 2001年、最後の夢永遠の輝きとして記憶したい。
 1着 4枠4番 マンハッタンカフェ 蛯名 小島太 3人
 2着 1枠1番 アメリカンボス 江田照 田子 13人
 3着 2枠2番 トゥザヴィクトリー 武豊 池江郎 6人

2002年(第47回)
 感謝、最後の夢を託す情熱が歓喜に変わる。
 1着 1枠1番 シンボリクリスエス ペリエ 藤沢和 2人
 2着 5枠8番 タップダンスシチー 佐藤哲 佐々木晶 13人
 3着 2枠2番 コイントス 岡部 藤沢和 8人

2006年(第51回)
 最後の夢に心酔、語り継がれる永遠の一瞬。
 1着 3枠4番 ディープインパクト 武豊 池江郎 1人
 2着 1枠1番 ポップロック ペリエ 角居 6人
 3着 4枠5番 ダイワメジャー 安藤勝 上原 3人



このレーダイでは『夢』『最後』の

2つの語句が『最後の夢』として使用されています。

そこに今月のレーシングダイアリーの

第1週に使用された語句が加えられています。



今月第1週のレーシングダイアリー
 ジャパンカップダート
  砂に刻み込め永遠情熱語り継がれる伝説を築きたい。

 2001年は『永遠』
 2002年は『情熱』
 2006年は『語り継がれる』『永遠』

が使用されていて、JCDの結果は

2009年 第10回ジャパンカップダート
 1着 1枠1番 エスポワールシチー 佐藤哲 安達 1人
 2着 6枠12番 シルクメビウス 田中博 領家 5人
 3着 5枠9番 ゴールデンチケット ルメール 森 12人



ここでもやっぱり1枠が馬券対象ですね。

1枠は確実に馬券対象なのではないでしょうか。



それと、2006年は有馬記念特設サイト

村山由佳氏が紹介しています。



過去同日開催から浅田次郎氏。

過去レーダイから村山由佳氏。

有馬記念特設サイトの記事については

これで補完できたと言ってよいのではないでしょうか。



今日はクリスマス。
みなさんハッピーな一日でありますように。



↓応援クリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
GI  解読 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。