スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

中山記念

2009年02月28日
今週のレーシングダイアリー
 『奢ることなく心技を鍛える勇者、それぞれの夢へ一途に駆ける。』

奢る … 自分の金で人にごちそうする。
ですよね?このレーダイでふさわしい「おごる」は、
驕る … 才能・地位などを誇る。また、それを頼ってわがままな振る舞いをする。
でしょう。
とはいえ、そういうのが単なる誤字でないのが“Jさま”のレーダイです(笑)
さらに言えば、「驕る(arrogant)」ではなく、「奢る(treat)」を用いてますから、
こちらをサインにしているのでしょう。で、調べてみました。そしたら見つけちゃいました!

2006年9月23日英国アスコット競馬場-
2歳牝馬によるGⅠ、フィリーズマイル。勝ったのは、シンプリーパーフェクト。
2着に入った馬の名が…、トリート(treat)っていうんです!
明日の中山6R、2枠③番フォックスブラボー。
この仔のお姉さんこそ、英GⅠ2着馬トリート号なのです。
この仔が入った2枠がメインレースのサインになるのではないかと思っています。

で、もうひとつ。
明日、中山記念に出走する馬の中に、4歳の時に2着。7歳で1着。
そして連覇のかかる今年。
昨年の覇者ということに驕ることなく心技を鍛えている馬がいます。

【今週のおすすめ馬】
 カンパニー
スポンサーサイト
GII 解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。