スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

報知杯の謎?

2008年12月20日

CLUB KEIBA RULE52
(JRA公式HP CLUB KEIBA ルール52より抜粋)


  多くの興奮と落胆と喜びを共有してきたせいか「95年の報知杯のときだったっけ・・・」
  などと旧友相手にするような、だいぶ昔の話を蒼井クンにしてしまったりしている。
  CLUB KEIBA、おそるべし。

 JRAにおける「95年の報知杯」に該当するレースは2つあります。
 
 【報知杯弥生賞】
 【報知杯4歳牝馬特別】

 しかし、一般の競馬ファンからしてみたら上記2レースについて「報知杯」と
 呼ぶことはあるのでしょうか…?「弥生賞」「4歳牝特」と記憶しています。
 特に「弥生賞」は牡馬クラシック競走の登竜門的な存在であり、レースの呼称
 も浸透しているので、あえて報知杯と呼ぶことはないのではないでしょうか。


 と、すると、CLUB KEIBA ルール52でいう
 「報知杯」とは、「4歳牝馬特別」のことではないでしょうか。


 
 1995年第29回報知杯4歳牝馬特別
  1着1? ライデンリーダー(安藤勝(地方馬)2人気)
  2着8? エイユーギャル (四位1人気)
  3着1? タニノルション (河内5人気)
 
 結果だけを見るとこんな感じですが、枠順に面白いものを発見しました。


  ・
  ・
  ・
  2? オトメノイノリ 南井克巳 尾形充弘
  ・
  ・
  3? マークプロミス 武豊 尾形盛次
  ・
  ・
  ・

 というものです。

 オトメノイノリの尾形充調教師は、グラスワンダーの調教師。
 今回、2枠?番でグラスワンダーの産駒が出走します。

 マークプロミスの武豊騎手は今回も3枠?番で騎乗します。
 武豊は今年のエリザベス女王杯で3枠?ポルトフィーノで落馬。
 その翌週、京都5R2枠?番セイウンアレースで落馬骨折。
 3枠?番での復活、2枠には馬主は違えど「セイウン」馬名。
 何かの因縁でしょうか…?



 セイウンワンダー (グラスワンダー産駒)
 ブレイクランアウト(武豊騎乗馬)



 またしてもこの2頭には注目ですね。

スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。