スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

元祖、アイドルホース

2009年07月12日
1972年7月12日-



37年前の今日、

大井競馬場で1頭の馬がデビューした。



その名は、ハイセイコー



残念ながら、僕は現役時代の彼を知りません。



かのオグリキャップを凌ぐ国民的人気馬だったとか。

主戦騎手だった増沢末夫が、ハイセイコーが引退する際に

『さらばハイセイコー』

なんていうレコードまで出す始末(笑)




2004年には、JRA創立50周年を記念して

ゴールデンジュビリーキャンペーンを実施。

ハイセイコーメモリアルが開催されました。



 2004年2月29日 ハイセイコーメモリアル
  1着 1枠1番 エアヴァルジャン O.ペリエ
  2着 6枠11番 ハスラー 蛯名
  3着 6枠12番 ロックカーニバル 武豊





ここでも1枠1番が…。




ちなみに…、

中央移籍後にハイセイコーが所属したのは

鈴木勝太郎厩舎(鈴木康弘調教師の父)。



七夕賞に出走する鈴木康弘調教師の管理馬は…





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
GIII 解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。