スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

西田の恩返し

2009年01月17日


はじめにお断りしておきますが、今回は「サイン読み」ではありません。
ものすごく私情の入りまくった見解ですので、ご了承くださいね。



明日の日経新春杯に騎乗する西田雄一郎騎手についてお話します。

西田騎手は1974年10月14日生まれ。
1995年に騎手としてデビュー。
デビュー2年目の1996年には七夕賞をサクラエイコウオーで制し、
将来有望な若手ジョッキーとして嘱望されていました。
ところが、1998年、2度に渡り交通規則違反(スピード違反)を犯してしまいました。
しかも、警察からの再三の出頭命令を無視しつづけてしまいます。
その結果、マスコミや世間から叩かれ、1999年に騎手免許を自主返上しています。



しかし、2005年に再度騎手免許を取得し、再デビューを果たしました。
2005年に騎手として復帰(再度騎手試験を受験、合格)するまでの間、
師匠である境征勝師を通して、山元トレセンで働きながら頑張った苦労人。

その山元トレセンで働く道をつくってくれたのがノーザンファームの代表である
吉田勝己氏でした。

西田騎手が明日騎乗するドリームフライトは、吉田勝己氏の個人所有馬。




西田騎手は言っています。
「復帰してからまだ勝己社長と口取り写真に写ったことがない。
       今年はぜひ、そういう勝利を挙げたい。そう、恩返しがしたい。」と。




西田騎手は先週の土日、中京競馬場で3勝、2着2回と大暴れの活躍。
先週の勢いがそのままであれば、今週もきっとやってくれるはず!
しかも、同馬で4勝をあげており、また、西田騎手の全126勝のうち、
15勝が福永厩舎という「厩舎、騎手、馬」の相性の良さも後押し。

こういったドラマをもつ人馬に勝利を期待したいものですね。



ていうか勝たせてあげてください、JRAさまっ!!


______________________________________________

スポンサーサイト
GII 解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。