スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

降着もサインになる?

2009年10月01日
今週のレーシングダイアリー
速さと強さの結晶、
  芸術を超えた勝負の輝きが風を炎に変える。

このレーダイに使われている

『強さと速さ』

この語句がレーダイに使われた

今年のGIレースが2回もあります。

 第14回 NHKマイルカップ
  1着 2枠3番 ジョーカプチーノ 藤岡康 中竹 10人
  2着 7枠13番 レッドスパーダ 横山典 藤沢和 5人
  3着 5枠10番 グランプリエンゼル 内田博 矢作 13人

 第59回 安田記念
  1着 2枠3番 ウオッカ 武豊 角居 1人
  2着 3枠6番 ディープスカイ 四位 昆 2人
  3着 2枠4番 ファリダット 安藤勝 松元 10人

ともに、2枠3番の馬が勝利しています。



また、『芸術』が使われたレースもありました。

 第58回 ラジオNIKKEI賞
  1着 8枠16番 ストロングガルーダ 蛯名 久保田 5人
  2着 8枠15番 サニーサンデー 吉田隼 谷原 13人
  3着 2枠3番 ストロングリターン 内田博 堀 2人

 第16回 函館スプリントステークス
  1着 3枠6番 グランプリエンゼル 熊沢 矢作 1人
  2着 7枠14番 タニノマティーニ 秋山 須貝彦 8人
  3着 4枠8番 ブラックバースピン 津村 手塚 12人

この2つのレースは同一週に行われました。

こちらには、一見なんの共通性もありませんが、

函館スプリントSではあることが審議対象となり、

下位着順に次のような結果が出ています。

  7着 2枠3番 マヤノツルギ 藤田 梅内
  8着 1枠1番 エーシンエフダンズ 藤岡佑 藤岡 (3位降着)

3位入線を果たした1枠1番エーシンエフダンズが、

2枠3番のマヤノツルギの進路を妨害したとして

審議の対象となり、8着に降着となっています。

レースが審議になり、明らかな進路妨害が認められると、

加害馬は被害馬のひとつ後ろの着順に降ろされます。

つまり、

「進路妨害がなければ、被害馬は加害馬よりも上位の着順になる可能性があった」

ということです。



これは、仮にマヤノツルギが「3位に入線するべき馬」だったとすると、

両レースとも2枠3番が3着だったことになります。



この仮説が成立した場合、

この4つのレースの共通点として、

「2枠3番が馬券対象であった」といえます。



スプリンターズSでは、

2枠3番に配置される馬には

注意が必要ですね。



一連の流れから、1→1→3→(3)着ときているので、

2枠3番は2着あたりに

突っ込んでくるかもしれませんね。



ブログランキング参加中です♪
おかげさまで裏読み競馬予想ランキングの30位あたりにいます。
応援クリックで、にほんブログ村にアクセスします。
↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
見切り予想。
こんばんは。
レーダイ『芸術』に関しては昨年の【スプリンターズS】でも使われていますね。
昨年と今年でのシンプルな共通点としては…ワイドゾロ目かな?
『世界の果て』サインと先週【オールカマー】3連覇のマツリダゴッホとの枠連動。そしてTVCM岡部サンから本レースの1997年覇者タイキシャト(岡部)枠。
これらの理由から枠順確定前の現段階での見切り予想としては8枠を中心に馬番①②③⑭⑮⑯を推しまぁす(笑)
ではまたです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。