スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

両重賞、後出し解読

2009年10月12日
今週のレーシングダイアリー
 伝説が刻まれた舞台、
  頂点に劣らぬ感動がさらなる夢を育む。



「頂点に劣らぬ感動」

8歳古豪、カンパニーの勝利。

菊花賞馬、ブルースリの復活。

どちらも感動に値する勝利でした。



レーダイからでは、

 頂『点』 = 無
 『劣』ら = 音
 『感動』 = 近藤
 『舞台』 = 俳優(ブルースリー)
この4つから、

毎日王冠では、音無厩舎の近藤英子氏所有馬、

カンパニーが浮上。

京都大賞典は、音無厩舎の俳優名を持っている

オウケンブルースリが浮上。

馬連を的中させるも、

3着馬が共に抜け。



このブログへのコメントカキコミで、

日本「ハム」優勝から

「ハ」イアーゲー「ム」を

教えてもらっていたんですが…

京都の『松』岡を買ってる場合じゃないですね(笑)



キーワードとなった『連覇(連続)』からは

ウオッカの2年連続2着。

京都のスマートギアは3戦連続2着。



3連単複F
 毎日王冠
  4、5→6→4、7、10
 京都大賞典
  2、10、14→3、8→3、8

かすりまくりの週末でした。

また頑張ります!



ブログランキング参加中です♪
おかげさまで裏読み競馬予想ランキングの30位あたりにいます。
応援クリックで、にほんブログ村にアクセスします。
↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
GII 解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。