スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

サイレンススズカへの妄想

2009年10月30日
今週のレーシングダイアリー
 勝利だけが王者の使命、
  最強と賞賛される万感の声に応えたい。



直訳(?)すると、
 勝つことだけが王としてすべきこと、
 最も強いと褒めたたえてくれる
 いろんな思いの声に報いたい。



…なんだかよくわかりませんね(笑)



『万感』の意味は、心に沸き起こる様々な思い。

“応えたい”とするなら

『万感の声』ではなく

『万雷の拍手』ではないでしょうか?



これを踏まえて訳すと、

 勝つことだけが王としてすべきこと、
 最も強いと褒めたたえてくれる
 鳴り止まない拍手に報いたい。



『万雷の拍手』ではなく『万感の声』としたことが

ポイントになるのではないかと思います。



このレーシングダイアリーは、

鳴り止まない拍手を、
鳴り止まない歓声に
例えたかったのでしょうか。

それとも、

鳴り止まない拍手と、
鳴り止まない歓声を
表現したかったのでしょうか。



後者について妄想してみましょう。



鳴り止まない拍手と歓声から

思い出される競走馬がいます。



サイレンススズカです。



4歳時の金鯱賞。
 大差勝ちのレコードタイムでの圧勝。
 あまりの大差に4コーナーを回り、
 最後の直線を向いた頃には
 鳴り止まない拍手で迎えられた程でした。

 第34回 金鯱賞(1998/5/30)
  1着 5枠5番 サイレンススズカ 武豊 橋田満 1人
  2着 2枠2番 ミッドナイトベット 河内 長浜 5人
  3着 3枠3番 タイキエルドラド 岡部 藤沢和 3人



その秋の天皇賞(秋)。
 前哨戦の毎日王冠を制し、
 断然の1番人気で迎えた本番。
 そして悲劇の3コーナー。
 最後の直線に現れない彼に対して、
 悲鳴のような歓声が鳴り止まない程でした。

 第118回 天皇賞・秋(1998/11/1)
  1着 5枠6番 オフサイドトラップ 柴田善 加藤修 6人
  2着 7枠10番 ステイゴールド 蛯名 池江郎 4人
  3着 6枠8番 サンライズフラッグ 安田康 安田伊 5人

  中止 1枠1番 サイレンススズカ 武豊 橋田 1人



サイレンススズカに対する

鳴り止まない拍手と歓声。



どちらのレースも

5枠が勝利しています。



もうひとつ、

この『万雷の拍手』の仮定が

正しいのならば、

こちらにも触れておきましょう。



2005年菊花賞関西レーダイ
 奇跡が起こる瞬間を。
  この目に、この胸に。
   京都から史上最高の感動を。



ディープインパクトが史上2頭目の

無敗の三冠馬となった時の関西のレーダイです。

このレーダイには、補足文章としてこう書かれていました。



『万雷の拍手と敬意で迎える、名馬の舞台。
 第四回京都開催。
 そこは待ち望むドラマが生まれる場所。
 夢が現実となる瞬間を見たい、
 伝説誕生の瞬間の証人となりたい。
 ならばその日、京都に集おう、共に。』



『万雷の拍手』が登場しています。

第66回 菊花賞(2005/10/23)
 1着 4枠7番 ディープインパクト 武豊 池江郎 1人
 2着 3枠6番 アドマイヤジャパン 横山典 松田博 6人
 3着 2枠4番 ローゼンクロイツ 安藤勝 橋口 3人



7冠馬ディープと同じく、

4枠7番に配置されたウオッカ。

ここを勝てばディープと同じ

7つ目のGⅠ勝利。



…果たして?



馬券パターンとしては

2通り用意したほうが

良さそうですね。



ブログランキング参加中です♪
おかげさまで裏読み競馬予想ランキングの30位あたりにいます。
応援クリックで、にほんブログ村にアクセスします。
↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
スワン…おバカなネタ。
突然ですが…

『新宿スワン』って漫画知ってますか?
主人公は天然パーマがトレードマークの“白鳥龍彦”という男の子。新宿歌舞伎町を舞台にした“ホスト”の漫画なんですが…。

【スワンステークス】
7枠に配置された馬3頭の頭文字を逆から(⑮→⑭→⑬)繋げて読んでみてください(笑)

7枠は要注意なんでしょうか…?(笑)

主人公の名前からは…『白』で『1枠』。『鳥(フェニックス)』『龍(ドラゴン)』そして『プレミアムボックス(VIP席?)』が馬名にある8枠が要注意なんでしょうか…?(笑)

こんなくだらないことばかり思いつくから【天皇賞(秋)】のまともな予想が出来ないんでしょうね…(泣)

p.s.けど…
キンシャサノキセキ
タマモホットプレイ
…なんて並びにならなくてよかったわ。
敢えて『』で強調しません!!

ダビさん…変な書き込みばっかでごめんなさい(謝)
【スワン】他…。
《土曜》京都重賞【スワンステークス】
2枠④ショウナン『カザン』

《日曜》東京重賞【天皇賞(秋)】
2枠④アドマイヤ『フジ』

『富士』山は日本最大の『火山』です。
2枠④…どちらかで大噴火?!(笑)
あと【スワンステークス】と【天皇賞(秋)】の枠順をサラッと見たところ…
【スワンステークス】
5枠⑨『クラ』ウンプリンセス
に対して
【天皇賞(秋)】
5枠⑨サ『クラ』オリオン
…の『クラ』繋がりと…
【スワンステークス】
8枠⑯プレミアム『ボッ』クス
に対して
8枠⑯『ホッ』コーパドゥシャ
…の『ホッ』繋がりがあります。

【スワンステークス】5枠⑨『クラ』ウンプリンセスは先週【菊花賞】5枠⑨リーチザクラウンの全妹になります。
兄の仇を討ってくれるんですかねぇ…楽しみではあります。
まぁ上記4頭共に人気薄ってのがいいですね!!(笑)

p.s.今週京都と東京の4つのメインレースについてちょっとだけ…
《今週土曜》
京都【スワンステークス】…①
東京【ブラジルカップ】…⑮
《今週日曜》
京都【カシオペアステークス】…枠順発表前(去年は②)
東京【天皇賞(秋)】…⑦

見事なラインアップですね(笑)
どうしたいんでしょうか?!
【秋華賞】前日からの『染分帽サイン』を思い出しました。
まずは。
【天皇賞(秋)】…どうにも軸が決められないです(泣)

まずは明日の【スワンステークス】で『○○馬券』の炸裂を期待してます。まだ枠順すら見てないですが…でないと【天皇賞(秋)】の予想がどうにも…(悩)

レーダイで気になっている文字は、[感]と[応]の二つです。共に文字の中に、[心]があります。
[心]がある馬は、シンゲン。
母親名が、ニフティ[ハート]です。

JRAの出している今週の[G-Files]は、ミスターシービー。
馬名に[スター]があり、ウオッカやアサクサキングスの母親名にも[スター]があります。またグラスワン[ダー]産駒も悪くないと思うのですが、[スター(星)]ならサクラ[オリオン]でもいいのではないか、と思います。

キティちゃんの本名キティ・[ホワイト]から1枠と言われていますが、[ホワイト]マズル産駒の方が良さそうです。

このような見解から、5枠が一番良く感じます。
次いで、3枠です。

あとは、8枠のホッコーパドゥシャ。
ポスターコピーの、[ている]からは、馬名が[ティ]で終わっている、2頭を同枠に配し、良く思えます。

同然ウオッカのいる、4枠も無視出来ません。

難解なレースです。
【秋天】妄想(2)…。
【天皇賞(秋)】妄想(2)…。

『遮眼』…ご存知ブリンカーのことですね。新聞毎表記は異なり…『遮断』だとか『ブリンカー』とか『B』とかで表されてますね。

2枠③スクリーンヒーローを管理する鹿戸調教師のコメント…
『休み明けで距離も短くなるので集中力アップを狙うために“初めて”の試みになるが“ブリンカー”を着けてレースしてみる。』
…だそうです。

ただ1頭のブリンカー装着馬。
本当に狙いは集中力アップなのかな…?
初ブリンカー装置は誰に頼まれた…?

こんな枠順ですよね…

2枠④アドマイヤフジ…頭文字『A』
2枠③カンパニー…頭文字“C”だけど『カ』だから強引に『K』(笑)
1枠②スクリーンヒーロー…頭文字ではなくブリンカーで表記は『B』

こう解釈すると『A』→『K』→『B』で…
見事『AKB』の出来上がり(苦笑)
残りの『48』は強引に…
4枠⑧キャプテントゥーレ 『川』田騎手

『AKB48』の新曲《♪RIVER》をさっき偶然テレビの歌番組で聴いた。ほぼ終わりかけだったけど…。

多分だけど…『汗と涙の川だ(川田?)!』って歌ってた。(違ってるかも…)
歌詞にも『川田』登場!!(笑)

単純に4枠⑧ではなくサラッと『AKB』まで盛り込むところが…秋元康否JRA様の憎らしいところ…!?

妄想ばっかになっちゃってまともに予想が出来ない…(泣)

ちゃんとしたのはダビさんに頼りっきりになります!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。