スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

気になる外国馬

2009年11月26日
昨日ご紹介しました

浅田次郎氏の『あの瞬間』



96年の凱旋門賞で勝利した

エリシオの話で始まり、

97年のジャパンカップに

話が及んでいます。



96年、エリシオはジャパンカップに参戦。

シングスピールの3着でした。

97年、浅田氏が今なお最強牝馬と呼ぶ

エアグルーヴを負かしたのはピルサドスキー。



96年シングスピール
97年ピルサドスキー

いずれも、英国の名門

マイケルスタウト厩舎の馬です。



今年の出走馬であるコンデュイット。

この馬もまた、スタウト厩舎の馬です。

このレースの後は、

マイネルの総帥、岡田繁幸氏のビッグレッドファームで

種牡馬になることが決まっています。



勝って種付けへ向けてのアピールとなるのか、

あくまでお披露目出走なので凡走に終わるのか。

いずれにしても、無事に走ることが最優先。



この馬の収拾が最大のポイントですね。



有馬記念まであと5週。

ブログランキング参加中です
みなさんのおかげで25位あたりにいます。
応援クリックで、にほんブログ村にアクセスします。

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へにほんブログ村
スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。