スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

秋のG1予想【スプリンターズS】

2010年10月03日
スプリンターズS当日の中山12R
 中山オータムプレミアム
 ~ サクラバクシンオーメモリアル ~


 サクラバクシンオーといえば
 1993、94年のスプリンターズSを連覇。

 両年共、枠連5-7 で決着。

 今年の出走馬の中で、
 このレースの連覇がかかっている
 5枠9番ローレルゲレイロ

 今年の高松宮記念の勝ち馬で
 スプリント春秋連覇がかかっている
 7枠14番キンサシャノキセキ



やっぱりスプリントG1馬である
この2頭の勝ちで考えるべきか?

ダビ的には いいえ です。

まぁ、当然、マークは必要ですが。
ダビがこの2頭を勝ち馬として
考えない理由はレーダイにあります。



今週のレーシングダイアリー
 限界を超えるその走りが、
 「最速」の称号を手にかける。


 文末にある、
 手にかける。って
 殺すって意味ですよね?

 正しくは、
 称号に手をかける。
 だと思います。
 
 この 手にかける
 サインだとする(わざと間違えている)なら、
 殺す対象 = 負かす相手
 がいるはずですよね。

 負かす相手は、
 「最速」の称号を持つ馬
 だと考えます。

 文字の前後に「 」を使い、
 最速が強調 されていますね。
 
 馬名の前後に同じ文字を使い、
 最速の称号 をすでに持っている
 スプリントG1馬が2頭います。

  ーレルゲレイ
  ンサシャノキセ

 この2頭が負かされる相手であり、
 「最速」の称号を手にかける。
 = この2頭を負かす馬がいる。
 …とダビは考えます。
 


 で、印をつけてみました。



【スプリンターズS予想】
 ◎ ⑮ジェイケイセラヴィ
 ○ ⑭キンサシャノキセキ
 ▲ ⑥グリーンバーディー
 3連系の相手に②③⑨⑫






ではまた♪





スポンサーサイト
GI  解読 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。