スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

有馬記念①【過去同日開催】

2010年12月26日
第10回 1965.12.26
 1着 4枠 4番 シンザン 牡4 松本善 武田文 1人
 2着 6枠 6番 ミハルカス 牡5 加賀武 小西喜 3人
 3着 3枠 3番 ブルタカチホ 牡4 大崎昭 柴田寛 6人

第27回 1982.12.26
 1着 5枠 9番 ヒカリデユール 牡5 河内洋 須貝彦 3人
 2着 3枠 4番 アンバーシャダイ 牡5 加藤和 二本柳俊 1人
 3着 6枠11番 キョウエイプロミス 牡5 柴田政 高松邦 13人

第38回 1993.12.26
 1着 3枠 4番 トウカイテイオー 牡5 田原成 松元省 4人
 2着 8枠13番 ビワハヤヒデ 牡3 岡部幸 浜田光 1人
 3着 7枠12番 ナイスネイチャ 牡5 松永昌 松永善 10人

第44回 1999.12.26
 1着 4枠 7番 グラスワンダー 牡4 的場均 尾形充 1人
 2着 2枠 3番 スペシャルウィーク 牡4 武豊 白井寿 2人
 3着 6枠11番 テイエムオペラオー 牡3 和田竜 岩元市 5人

第49回 2004.12.26
 1着 1枠 1番 ゼンノロブロイ 牡4 ペリエ 藤沢和 1人
 2着 5枠 9番 タップダンスシチー 牡7 佐藤哲 佐々木晶 3人
 3着 4枠 6番 シルクフェイマス 牡5 四位洋 鮫島一 9人



過去同日開催は
偉大なる三冠馬
シンザン から
始まっています。

その偉業に敬意を表して(?)
シンザンと同条件
複数持つ馬 が、以後の
同日開催で馬券に
なっているようです。



こちらの3頭が該当します。
 トーセンジョーダン
 ブエナビスタ
 ジャミール
GI  解読 | Comments(0)

秋のG1予想【朝日杯FS】

2010年12月19日
今週のレーシングダイアリー
 速さと強さを兼ね備え、
 若き勇者が熱き魂を見せつける。




 競馬の格言に
 皐月賞は一番 速い 馬が勝つ
 ダービーは一番 運の良い 馬が勝つ
 菊花賞は一番 強い 馬が勝つ
 …というものがあります。



 レーダイでは、
 「 速さ強さ を兼ね備え」
 とあります。

 兼ね備えているということは、
 何か を持った馬が
 強さと速さも持っているのでは?

 つまり、 も持っている。
 と読み取るのであれば、

 レーダイは 三冠馬
 表しているのでしょう。



 ゲストプレゼンターで来場する
 千葉ロッテマリーンズの
 サブロー選手(背番号3)
 三冠馬を強調している?

 ならば狙うは三冠馬
 ディープインパクト産駒。

 リベルタス
 リアルインパクト


 もういっちょひねれば
 幻の三冠馬フジキセキ産駒

 サダムパテック
 アドマイヤサガス




 また、レース名の 朝日 つながりで
 今年の朝日CCの結果を見ると、

 1着 6枠6番 キャプテントゥーレ 小牧太
 2着 8枠9番 プロヴィナージュ 佐藤哲
 3着 3枠3番 アドマイヤメジャー 川田

 この1~3着馬の属性を満たす、
 アドマイヤサガス
 押さえておきたい一頭ですね。





【朝日杯フューチュリティステークス】
 ◎ サダムパテック
 ○ リアルインパクト
 ▲ アドマイヤサガス
 △ リベルタス
 △ グランプリボス
GI  解読 | Comments(0)

秋のG1予想【阪神ジュベナイルF】

2010年12月12日
今週のレーシングダイアリー
 華やかに彩る走りが、
 次なるヒロインへの飛躍を予感させる。


 出走馬に
 Reve d'Essor(飛躍の夢)
 という意味を持つ馬がいます。



 どストレートですが、
 レーヴディソール
 マークします。





今週のゲストプレゼンター
 大久保嘉人(ヴィッセル神戸)
 石櫃 洋祐(ヴィッセル神戸)

 チーム名のヴィッセルは、
 「Victory(勝利)」
 「Vessel(船)」
 組み合わせた造語。
 運営会社はクリムゾンFC。

 池添謙一騎手は
 石櫃選手と同じ誕生日。
 騎乗馬はクロフネ

 裏開催カペラSの
 7枠にセイクリムズン



 ゲストプレゼンターから
 ホエールキャプチャ
 7枠(3頭)
 該当馬をマークします。





今週のプレミアムレース
 ヒシアマゾン

 主戦騎手は中舘英二。
 昨日の中日新聞杯で
 7枠14番に騎乗しました。



 プレミアムレースから
 7枠の中でも
 14番 ダンスファンタジア
 最上位にマークします。



【阪神JF予想】
 ◎ レーヴディソール
 ○ ダンスファンタジア
 ▲ ホエールキャプチャ
 △ アヴェンチュラ
GI  解読 | Comments(0)

秋のG1予想【ジャパンカップD】

2010年12月05日
ポスター解読
 愛さえなければ、
 勝てはする。

 


昨年のポスター
 愛はある。
 理由はない。


(昨年の結果)
 1着 1枠 1番 エスポワールシチー 佐藤哲 安達 1人
 2着 6枠12番 シルクメビウス 田中博 領家 5人
 3着 5枠 9番 ゴールデンチケット ルメール 森 12人



今年は がいなければ
勝てるようです。

昨年の勝ち馬は
エスポワールシチー
この馬が だとすると、

昨年の2着馬
シルクメビウス に勝機?

また、出馬表を見ても、
馬名に 愛(アとイ)がない枠 は1&2枠。



先週のジャパンカップの
ゲストに登場した
シンボリルドルフ

今日のゲストプレゼンター
磯山さやか

この2つから連想される馬が
相手候補。



【ジャパンカップダート予想】
 ◎ シルクメビウス
 ○ キングスエンブレム
 ▲ トランセンド
 △ クリールパッション
GI  解読 | Comments(0)

秋のG1予想【ジャパンカップ】

2010年11月28日
過去同日開催解読

 JCの過去同日開催は次のとおり。
 1982年/第2回 ハーフアイスト(米国)
  枠連 2-6 馬連 発売なし
 1993年/第13回 レガシーワールド(日本)
  枠連 4-4 馬連 7-8
 1999年/第19回 スペシャルウィーク(日本)
  枠連 4-7 馬連 7-13
 2004年/第24回 ゼンノロブロイ(日本)
  枠連 5-5 馬連 9-10

 11/27と28の平場条件戦は
 過去のJC勝ち馬の名前が
 付いているようですね。
 第2回優勝馬である
 ハーフアイスト以外の馬が
 レース名に使われていました。

 レガシーワールド賞(11/27 6R)
 スペシャルウィーク賞(11/28 4R)
 ゼンノロブロイ賞 (11/27 3R)

 今回のJC、
 日本馬の勝利 と考えます。



当日のイベント解読

 JC当日は第5回の勝ち馬
 皇帝・シンボリルドルフ
 当時の主戦騎手、岡部幸雄氏と共に
 東京競馬場へ来場します。

 岡部幸雄といえば
 シンボリルドルフ
 トウカイテイオー
 父仔2代JC制覇の立役者。
 
 第5回(1985年)
  1着 8枠15番 シンボリルドルフ 岡部
  2着 7枠12番 ロツキータイガー 桑島
  3着 5枠8番 ザフィルバート フィリップス

 第12回(1992年)
  1着 8枠14番 トウカイテイオー 岡部
  2着 5枠7番 ナチュラリズム ディットマン
  3着 6枠9番 ディアドクター アスムッセン

 かなり直球ですが、
 8枠が有力 だと考えます。



JCポスター解読

 宇宙には国境はない。
 府中にもない。

 
 「宇宙からは国境線は見えなかった」

 1992年スペースシャトルエンデバーで
 帰還した毛利衛氏の発言です。

 なんとなく似てますね。

 毛利さんは以前、
 競馬中継が行われる
 フジテレビ系列のドラマに
 友情出演したことがあります。

 星に願いを
 ~七畳間で生まれた410万の星~

 …というタイトルでした。
 このドラマは米ディズニーとの共同制作で、
 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
 (通称 = WDSHE)からDVDも発売されました。
 実はこのWDSHE、以前は別の名称でした。
 2007年に改称したのです。

 改称前の会社名は…
 Buena Vista Home Entertainment
 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテインメント



 ここまで書いたら
 1番人気だからといって
 ハズせないですよね。

 日本・8枠・ブエナビスタ



【ジャパンカップ予想】
 ◎ ブエナビスタ

 相手は未定(スイマセン)

 明日までじっくり悩みま~す





では、また♪
GI  解読 | Comments(1)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。